心理学ミュージアム

サイト全体をさがす

  •   " 大学院 集中 講義 ( 魔法 大学院 心理 学科 ) メタ 分析 ( 2 ). 理論 と 実際 複数 の 研究 結果 から 新た な 知見 を 得る 統計 的 手法 山田 ・ 井上 ( 2012 ) より 2 日 目 の 集中 講義 の 前 に サイ 子 昨日 の 講義 で メタ 分析 について , かなり 理解 でき まし た 。 でも 実際 に どの よう に 分析 し , どんな 研究 が 行わ れる の です か ? 先生 で は , 今日 は , アメリカ の 研究 を 紹介 し ながら , 右 の 表 に 沿っ て 基本 的 な 手順 や 研究 事例 の 紹介 を し ましょ う 。 メタ 分析 の 基礎 や 歴史 は , 昨日 の 資料 を 参考 に し て 下さい 。 メタ 分析 集中 講義 二 日 目 ( 主 な 内容 ) 1 限 メタ 分析 の 手続き ; クーパー の 7 段階 モデル 2 限 効果 量 ; 研究 を 統合 する 「 共通 の 物差し 」 3 限 メタ 分析 の 統計 解析 の 手順 4 限 メタ 分析 の 具体 的 研究 事例 5 限 まとめ 1 限 : メタ 分析 の 手続き ( Cooper , 2009 ). メタ 分析 の 手続き を , クーパー ( Cooper , 2009 ) の 7 段階 モデル を 参考 に 紹介 し ます 。 1 段階 問題 の 定式 化 ( formulatingthe problem ) 2 段階 文献 探索 ( searching the literature ) 3 段階 研究 から の 情報 の 収集 ( gathering information from studies ) 4 段階 研究 の 質 の 評価 ( evaluating the quality of studies ) 5 段階 研究 結果 の 分析 と 集積 ( analyzing and integrating the outcomesof studies ) 6 段階 エビデンス の 解釈 ( interpreting the evidence ) 7 段階 結果 の 公表 ( presenting the results ) Cooper ( 2009 ) の 7 段階 モデル . 1 . 問題 の 定式 化 : メタ 分析 で 扱う リサーチクエスチョン を 設定 し ます 。 メタ 分析 の 対象 と なる テーマ は 何 か , その 概念的 定義 と 操作 的 定義 を 明らか に し ます 。 さらに , メタ 分析 に 含める べき 研究 の 基準 , 内的 妥当 性 ・ 外的 妥当 性 へ の 対処 も 検討 し て おく こと が 必要 です 。 . 2 . 文献 探索 : PsycINFO や ERIC など の 文献 データベース , Web of Science の よう な 引用 文献 データベース , Google Scholar 等 の web による 方法 の 他 に , 様々 な 手段 を 活用 し て 文献 を 収集 し ます 。 灰色 文献 ( Gray literature ) と 言わ れる タイプ の 文献 に も アクセス し , 情報 を 集める 努力 も 必要 です 。 研究 が 集まっ た 段階 で , 事前 に 記載 さ れ た 的確 性 基準 ( 研究 に 含める か 除外 する か の 基準 ) に従って , メタ 分析 の 対象 と なる 研究 の 絞り込み を 行い ます 。 Cooper ( 2009 ) の 7 段階 モデル . 3 . 研究 から 情報 を 集める : コーディング を 行う 段階 です 。 コーディング と は , メタ 分析 の 対象 と なる 研究 論文 から 必要 な 情報 を 抽出 し , 電子 媒体 へ と 変換 する プロセス の こと です 。 コーディング を 行う に は , コーディング マニュアル と コーディング シート を 事前 に 準備 し て おく 必要 が あり ます 。 また , コーディング の 作業 は 通常 複数 の 手 によって 行わ れる ため , コーダー に対して 事前 に 訓練 を 実施 し て , コーダ . によって 結果 が 異なら ない よう な 対策 が 重要 です 。 . 4 . 研究 の 質 を 評価 する : 事前 に 定め て おい た 「 研究 の 質 の 基準 」 を もと に , メタ 分析 に 含める 研究 の それぞれ の 質 の 高 さ を 評価 し ます 。 研究 の 質 の 高低 が 効果 量 の 変動 を 説明 する 要因 に なっ て いる か について 検討 が 行わ れ ます 。 あるいは , あまりに 質 の 低い 研究 は メタ 分析 の 対象 から 除外 する こと も あり ます 。 Cooper ( 2009 ) の 7 段階 モデル . 5 . 研究 結果 の 分析 と 集積 : メタ 分析 に 含ま れ た 研究 それぞれ について 効果 量 と その 信頼 区間 を 求め ます 。 さらに , 効果 量 の 統合 を 行い , 平均 効果 量 と その 標準 誤差 を 求め ます 。 そして , 効果 量 の バラツキ について の 検討 を 行い ます 。 . 6 . エビデンス の 解釈 : 効果 量 の 大き さ を 解釈 し ます 。 平均 効果 量 の 値 から , メタ 分析 に 含ま れる 研究 全体 について の 結論 を 導き ます 。 研究 間 の 効果 量 が 等質 で ある か 検討 し , 等質 で ない 場合 は , 変動 の 原因 について 分析 を 行い ます 。 さらに 関連 し て , 公表 バイアス や , メタ 分析 について の 様々 な 問題 など も 考慮 に 入れ ます 。 . 7 . 結果 を 公表 する : 第 1 段階 から 第 6 段階 まで の 結果 を まとめ て , 研究 論文 として 公表 する 段階 です 。 報告 書 として の 書式 や , どの よう に 結果 を わかり やすく 表示 する か が 重要 です 。 フォレストプロット や 漏斗 ( じょうご ) プロット など の 視覚 的 表現 が 有用 です 。 2 限 ; 効果 量 . 効果 量 ( Effect size ) と は , 研究 結果 を 統合 する ため の 「 共通 の 物 さし 」 です 。 . 効果 量 に は 様々 な 種類 が あり ます ( Cumming , 2012 ; 大久保 ・ 岡田 , 2012 ; 山田 ・ 井上 , 2012 ; など を 参照 し て 下さい ) 。 ここ で は 最も 基本 的 な 効果 量 の 1つ で ある , 「 標準 化 さ れ た 平均 値 差 」 を 紹介 し ます 。 . 効果 量 を 用いる こと によって , 個々 の 研究 の 測定 単位 に 関係 なく , 同じ 仮説 を 検証 し て いる 異なっ た 研究 結果 を 要約 し , 量的 に 介入 効果 を 表す こと が 可能 と なる の です 。 効果 量 ( 標準 化 さ れ た 平均 値 差 ) . 標準 化 さ れ た 平均 値 差 = ( 介入 群 の 平均 値 . 統制 群 の 平均 値 ) ÷ 統制 群 の 標準 偏差 . この 効果 量 は , グラス の Δ ( デルタ ) と 呼ば れる 効果 量 です 。 . ここ で , 式 の 分母 に ある 「 統制 群 の 標準 偏差 」 と は , 統制 群 の データ の バラツキ の 大き さ を 表す 値 と 考え て 下さい 。 . この 効果 量 ( 標準 化 さ れ た 平均 値 差 ) によって , 複数 の 研究 結果 ( 異なる 尺度 で 測定 さ れ た 研究 結果 ) を , 標準 偏差 ( データ の バラツキ の 指標 ) を 単位 と する 共通 の 尺度 で 表す こと が できる よう に なり ます 。 例えば , 「 効果 量 が 0 . 4 で ある 」 という の は , 介入 群 の 平均 値 が 統制 群 より も , 統制 群 の 標準 偏差 の 単位 で , 0 . 4 標準 偏差 だけ 大きい こと を 示し て い ます 。 3 限 ; メタ 分析 における 統計 解析 の 基礎 . 個々 の 研究 から 効果 量 を 算出 し たら , それら を 用い て , 研究 結果 の 統合 を 行い ます 。 この ため に , メタ 分析 における 統計 解析 が 実行 さ れ ます 。 . メタ 分析 における 統計 解析 について , 代表 的 な もの に ヘッジス と オルキン ( Hedges & Olkin , 1985 ) の 方法 が あり ます 。 . 次 の スライド で , 一般 的 な 「 メタ 分析 における 統計 解析 の 手順 」 を 紹介 し ます 。 . 手順 の 1 つ 1 つ の 詳細 について は , 山田 ・ 井上 ( 2012 ) や , ボレンステイン ら ( Borensteinet al ., 2009 ) を 参照 し て 下さい 。 メタ 分析 における 統計 解析 の 基礎 1 . 個々 の 研究 から 効果 量 , 効果 量 の 分散 ( 誤差 分散 ) , 標準 誤差 , 重み ( 誤差 分散 の 逆数 ) を 計算 し ます 。 サンプル サイズ が 小さい 場合 は , 効果 量 に対する 修正 を 行い ます 。 2 . 平均 効果 量 と その 分散 , 標準 誤差 を 求め ます 。 この ため に , 固定 効果 モデル と 変量 効果 モデル を 利用 する こと が でき ます 。 3 . 効果 量 について 検定 を 行い ます 。 あるいは , 信頼 区間 を 求め ます 。 4 . 効果 量 の バラツキ について 検討 し ます 。 この ため に , 効果 量 の 等質 性 の 検定 , あるいは , 効果 量 の 異質 性 の 程度 を 査定 する 記述 統計 量 を 算出 し ます 。 5 . 効果 量 の 等質 性 の 検定 の 結果 有意 に なっ た 場合 は , さらに 効果 量 が 等質 で ない 原因 を 検討 する ため の 分析 が 行わ れ ます ( 分散 分析 的 アプローチ や 回帰 分析 的 アプローチ など ) 。 4 限 ; メタ 分析 研究 の 紹介 ( Amato & Keith , 1991 ). 実際 の メタ 分析 研究 の 例 として , アマト と キース ( Amato & Keith , 1991 ) が 行っ た メタ 分析 を 紹介 し ます 。 . 問題 と 目的 : 1950 年代 以降 , アメリカ で は 親 が 離婚 し た 子ども の 数 が 急増 し て いる 。 親 の 離婚 が 子ども の 発達 や ウェルビーイング に 与える 影響 が 公的 ・ 科学 的 に 懸念 さ れ , 多 �� � の 質的 な レビュー が 行わ れ て いる が , それら の 結果 は 必ずしも 一致 し て い ない 。 . メタ 分析 の 目的 ;( a ) 子ども の ウェルビーイング に 及ぼす 離婚 の 影響 の 程度 ,( b ) 効果 量 の 変動 を 説明 する 研究 特性 ,( c ) 離婚 を 経験 し た 子ども へ の 影響 に 関連 する と 思わ れる 3 つ の 理論 的 展望 ( 親 の 欠如 , 経済 的 不利 , 家庭 内 不和 ) , について 検討 する こと 。 メタ 分析 研究 の 紹介 ( Amato & Keith , 1991 ). 適格 性 基準 :①「 親 の 離婚 ・ 別居 により 片親 の もと で 暮らす 子ども 」 「 両親 の もと で 暮らす 子ども 」 両方 の サンプル を 含む こと 。 ② ウェルビーイング の 量的 指標 を 少なくとも 1 つ 含む こと 。 ③ 少なくとも 1 つ の 効果 量 を 算出 できる こと 。 ④ 両親 の 離婚 を 経験 し た 子ども を 対象 と する ( 大学生 は 含む が , 成人 は 除外 )。. これら の 基準 を 満たし た 研究 は 92 , 子ども の 人数 の 合計 は 13 , 000 人 以上 で あっ た 。 . 文献 の 探索 ・ 収集 : Psychological Abstracts , Sociological Abstracts , Social Sciences Index を 用い た 手作業 による 検索 , コンピュータ を 用い た データベース 検索 , レビュー 論文 の 引用 文献 リスト を 用い た 検索 という 3 つ の 方法 。 メタ 分析 研究 の 紹介 ( Amato & Keith , 1991 ). コーディング : ウェルビーイング に関する 測定 指標 の コーディング は , 学業 達成 , 行為 , 心理 的 適応 , 自己 概念 , 社会 的 適応 , 母子 関係 , 父子 関係 , その他 。 研究 特性 に関する コーディング は , サンプル 収集 法 , サンプル サイズ , 従属 変数 の 測定 指標 , 統計 的 な 統制 の 有無 , 従属 変数 の 報告 者 。 男女 構成 , 各 群 の 平均 年齢 段階 , 子ども が 両親 と 暮らせ なく なっ た 平均 年数 , データ を 収集 し た 年 , 研究 が 実施 さ れ た 国 。 . 効果 量 : 標準 化 さ れ た 平均 値 差 。 . コーダー の 信頼 性 : 評定 の 一致 度 は . 84 ( 比較的 高い 一致 ) 。 不一致 について は コーダ . 間 で 協議 し て 解決 。 メタ 分析 研究 の 紹介 ( Amato & Keith , 1991 ). 結果 : 効果 量 の 平均 は - 0 . 17 , 中央 値 は - 0 . 14 。 「 その他 」 以外 の 平均 効果 量 は 全て 負 。 Fail - safe N の 値 も 十分 大きい 。 ウェルビーイング の 領域 独立 な 効果 量 の 個数 平均 効果 量 Fail - safeNQT 学力 39 - 0 . 16 * 85585 . 6 * 行為 56 - 0 . 23 * 3474221 . 5 * 心理 的 適応 50 - 0 . 08 * 46498 . 6 * 自己 概念 34 - 0 . 09 * 11187 . 2 * 社会 的 適応 39 - 0 . 12 * 506219 . 4 * 母子 関係 22 - 0 . 19 * 21286 . 8 * 父子 関係 18 - 0 . 26 * 45673 . 0 * その他 260 . 06 * 51 . 0 ** p < . 001 メタ 分析 研究 の 紹介 ( Amato & Keith , 1991 ). 結果 : 1950 ・ 60 年代 に 実施 し た 研究 の 方 が 近年 の もの より も 大きな 影響 を 示す 傾向 に あっ た 。 ウェルビーイング の 領域 独立 な 効果 量 の 個数 平均 効果 量 QBQw 学力 5 . 1 *** 1950 - 19699 - 0 . 23 *** 36 . 8 *** 1970 - 197917 - 0 . 14 *** 28 . 2 *** 1980 - 198913 - 0 . 12 *** 15 . 5 *** 行為 22 . 7 *** 1950 - 196914 -. 32 *** 109 . 8 *** 1970 - 197919 -. 17 *** 25 . 7 *** 1980 - 198923 -. 18 *** 63 . 3 *** 心理 的 適応 3 . 4 *** 1950 - 19699 -. 03 *** 40 . 2 *** 1970 - 197918 -. 10 *** 23 . 5 *** 1980 - 198923 -. 10 *** 31 . 5 *** 前 の スライド の 表 と あわせ て 見る と , QT = QB + QW に なっ て いる こと が わかる 。 たとえば , 学力 について , 85 . 6 = 5 . 1 + 36 . 8 + 28 . 2 + 15 . 5 。 メタ 分析 研究 の 紹介 ( Amato & Keith , 1991 ). 結果 : この メタ 分析 の 目的 で ある , 3 つ の 理論 的 展望 に関して 検討 し た 結果 , 家庭 内 不和 から 導出 さ れ た 仮説 を 支持 する 結果 が 最も 強力 で あっ た 。 . たとえば , 両親 の 間 で 激しい 衝突 が 生じ て いる 家庭 と , 両親 が 離婚 し た 家庭 の 子ども 達 の ウェルビーイング の 側面 を 比較 し た 結果 , 家庭 内 で 激しい 衝突 の ある 子ども 達 の 方 が 低い ウェルビーイング を 示し た 。 . しか し , どれ か 1 つ の 展望 が すべて の 影響 を 説明 する と いう より も , 離婚 が 子ども に 影響 を 及ぼす メカニズム を 完全 に 理解 する ため に は , 親 の 欠如 , 経済 的 不利 , 家庭 内 不和 の 観念 すべて が 必要 で ある こと が 明らか と なっ た 。 5 限 ; まとめ . メタ 分析 と は , 同じ テーマ について 行わ れ た 複数 の 研究 結果 を , 統計 的 な 方法 を 用い て 統合 する こと 。 . 複数 の 研究 結果 を 統合 する ため に , 効果 量 を 共通 の 物 さし として 用いる 。 . メタ 分析 の 一般 的 な 手順 は , ① 問題 の 定式 化 , ② 文献 探索 , ③ 研究 から の 情報 の 収集 , ④ 研究 の 質 の 評価 , ⑤ 研究 結果 の 分析 と 集積 , ⑥ エビデンス の 解釈 , ⑦ 結果 の 公表 , と なる ( クーパー の 7 段階 モデル )。. アマト と キース ( Amato & Keith , 1991 ) は , メタ 分析 を 行い , 92 の 研究 , 13 , 000 人 以上 の 子ども の データ を 統合 し て , 親 の 離婚 と 子ども の 発達 や ウェルビーイング の 関係 を 示し た 。 参考 文献 . Amato , P . A ., & Keith , B ( 1991 ). Parental divorce and the well - being of children : A meta - analysis , Psychological Bulletin , 110 , 26 - 46 .. Borenstein , M ., Hedges , L . V ., Higgins , J . P . T ., & Rothstein , H . R ., ( 2009 ). Introduction to meta - analysis . Chichester , UK : Wiley .. Cooper , H . ( 2009 ). Research synthesis and meta - analysis : A step - by - step approach ( 4 th ed .). Thousand Oaks , CA : Sage .. Cooper , H ., & Hedges , L . V . ( Eds .). ( 1994 ). The handbook of research synthesis . New York , NY : Russell Sage Foundation .. Cooper , H ., Hedges , L . V ., & Valentine , J . C . ( Eds .). ( 2009 ). The handbook of research synthesis and meta - analysis ( 2 nd ed .). New York , NY : Russell Sage Foundation .. Cumming , G . ( 2012 ). Understanding the new statistics : Effect sizes , confidence intervals , and meta - analysis . New York , NY : Routlege . 参考 文献 . Eysenck , H . J . ( 1952 ). The effects of psychotherapy : An evaluation . Journal of Consulting Psychology , 16 , 319 - 324 .. Eysenck , H . J . ( 1978 ). An exercise in mega - silliness . American Psychologist , 33 , 517 .. Eysenck , H . J . ( 1994 ). Systematic reviews : Meta - analysis and its problems . British Medical Journal , 309 , 789 - 792 .. Glass , G . V . ( 1976 ). Primary , secondary , and meta - analysis of research . Educational Researcher , 5 , 3 - 8 .. Hedges , L . V ., & Olkin , I . ( 1985 ). Statistical methods for meta - analysis . Orlando , FL : Academic Press .. Lipsey , M . W ., & Wilson , D . B . ( 2001 ). Practical meta - analysis . Thousand Oaks , CA : Sage Publications .. Littell , J . H ., Corcoran , J ., & Pillai , V ., ( 2008 ). Systematic reviews and meta - analysis . New York , NY : Oxford University Press . 参考 文献 . 大久保 街 亜 ・ 岡田 謙介 ( 2012 ). 伝える ため の 心理 統計 勁草 書房 . Rosenthal , R ., & Rubin , D . B . ( 1978 ). Interpersonal expectancy effects : The first 345 studies . The Behavioral and Brain Science , 3 , 377 - 415 .. Schmidt , F . L ., & Hunter , J . E . ( 1977 ). Development of a general solution to the problem of validity generalization . Journal of Applied Psychology , 62 , 529 - 540 .. Smith , M . L ., & Glass , G . V . ( 1977 ). Meta - analysis of psychotherapy outcome studies , American Psychologist , 32 , 752 - 760 .. Torgerson , C . J . ( 2003 ). Systematic reviews . London : UK , Continuum Books . . 山田 剛史 ・ 井上 俊哉 ( 編 ) ( 2012 ). メタ 分析 入門 . 心理 ・ 教育 研究 の 系統 的 レビュー の ため に 東京大学 出版 会 お薦め 図書 . Cumming , G . ( 2012 ). Understanding the new statistics : Effect sizes , confidence intervals , and meta - analysis . New York , NY : Routlege .. 大久保 街 亜 ・ 岡田 謙介 ( 2012 ). 伝える ため の 心理 統計 勁草 書房 . 山田 剛史 ・ 井上 俊哉 ( 編 ) ( 2012 ). メタ 分析 入門 . 心理 ・ 教育 研究 の 系統 的 レビュー の ため に 東京大学 出版 会 ( この スライド は , 上記 の 山田 ・ 井上 ( 2012 ) の 1 章 と 9 章 の 一部 を 要約 し た もの です )。 製作 者 山田 剛史 ( 岡山大学 大学院 教育 学 研究 科 )& 井上 俊哉 ( 東京家政大学 人文学部 )( 作成 協力 青木 多 寿子 ) 2014 年 3 月 25 日 "
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • オススメ展示

    • 性格を言い当てる魔法の術(バーナム効果)
    • 体を温めると心も温まる(身体化認知)
    • 色がなくても色を感じる(共感覚)
    • 人はなぜ被害者を責めるのか?(公正世界仮説がもたらすもの)
123
拡大表示