心理学ミュージアム

サイト全体をさがす

  •   " アンケート の 作り方 ( 後編 ) 参加 者 ・ 協力 者 を 尊重 する 回答 者 の 立場 に なっ て , 質問 を 練る . 5 回 目 の ゼミ で , サイ 子 ちゃん は 右 の アンケート を 提案 し まし た 。 . A 先生 は 言い まし た 。 . 担当 し た 学年 と , トラブル を 起こし た 学年 は 一致 する の ? . 一つ の トラブル について 回答 する の ? . それとも , 「 トラブル 全般 」 について 回答 する の ? .< アンケート > . 教育 実習 で 、 子ども 同士 の トラブル を いろいろ 経験 さ れ た と 思い ます 。 それら の 中 で 、 印象 に 残っ た ラブル について 回答 し て ください 。 .( 1 ) あなた は , 何 年生 の 担当 でし た か ( ) 年 .( 2 ) その トラブル どんな もの でし た か ?.( 3 ) この トラブル の 結末 を ご存じ です か ?.( はい ・ いいえ ) ( 4 )「 はい 」 を 選ん だ 方 , その 結末 を 具体 的 に 記述 し て 下さい 。 アンケート ( Ver . 5 ) の 作成 ( 6 回 目 の ゼミ ). サイ 子 ちゃん は , 赤字 の 部分 を 追加 し て , 提案 し まし た 。 . A 先生 は 言い まし た 。 . 異 年齢 間 の トラブル だっ たら , どう 回答 する の ? .< アンケート > . 教育 実習 で 、 子ども 同士 の トラブル を いろいろ 経験 さ れ た と 思い ます 。 それら の 中 で 、 印象 に 残っ た ラブル について , 1つ を 取り上げ , 以下 の 質問 に 回答 し て ください 。 . その トラブル は , 何 年生 の トラブル です か ? 1 年生 , 2 年生 , 3 年生 , 4 年生 , 5 年生 , 6 年生 アンケート ( Ver . 6 ) の 作成 ( 7 回 目 の ゼミ ). サイコ ちゃん は , 右 の 赤字 の 部分 を 追加 し て 提案 し まし た 。 . A 先生 は 言い まし た 。 . トラブル の 様子 を 具体 的 に 知る 質問 は 必要 ない の ? . その トラブル は , 何 年生 の トラブル です か ? ( 複数 回答 可 ) 1 年生 , 2 年生 , 3 年生 , 4 年生 , 5 年生 , 6 年生 アンケート ( Ver . 7 ) の 作成 ( 8 回 目 の ゼミ ). サイ 子 ちゃん は , 右 の 文章 を 追加 し て 提案 し まし た 。 . A 先生 は 言い まし た 。 . 回答 し やすく なっ た ね 。 . で も , 一 人 で , 「 よく 起こる トラブル 」 と 「 印象 に 残っ た トラブル 」 の 2 種類 回答 する の ? 1 種類 回答 する の ? . どっち が いい か , 考え た ?. それ は 、 いつ 起こり まし た ( 複数 回答 可 ) 1 , 朝 ( 授業 前 ) 、 2 . 朝 の 会 、 3 . 授業 中 、 4 . 休み 時間 、 5 . 給食 の 時間 、 6 . 昼休み 、 7 . 掃除 の 時間 、 8 . 帰り の 会 、 9 . 放課後 、 1 0 、 その他 (). それ は どこ で 起こり まし た か ( 複数 回答 可 ) 1 . 教室 、 2 . 廊下 、 3 . 校庭 、 4 . 体育館 、 5 . 靴箱 、 6 . トイレ 、 7 . その他 ( ) アンケート の 回答 時間 を 計る ( 1 ). サイ 子 ちゃん は 言い まし た 。 . 2つ は , 時間 が かかる ので , 1 つ に し ます 。 . A 先生 は 言い まし た 。 . 何 分 かかる か 「 正確 に 」 答え ない と , 先生 方 は お 返事 でき ない よ 。 授業 の 予定 が ある から ・ ・ ・ 。.< ワンポイント ・ アドバイス >. 回答 で は , ある程度 「 カテゴリー に 分け て 選ん で もらう 方式 」 に する と , 集計 の 際 に 「 頻度 」 を 数える こと が でき , わかり やすく なり ます アンケート を お願い する 心構え ( 8 回 目 の ゼミ ). サイ 子 ちゃん は 言い まし た 。 . 仲間 に トライ し て もらっ たら , 1つ で 7 分 , 2 つ で 13 分 でし た 。 . 両方 に 回答 し た 方 が , 対比 で 考え やすい そう です 。 . だ から 2つ 回答 し て もらい ます 。 . A 先生 は 言い まし た 。 . で は , 先生 方 に アンケート の お願い に 行っ て ご覧 なさい 。 . 大切 な 授業 時間 を 割い て 頂く こと , 先生 方 に も , 生徒 さん 達 に も , ご 迷惑 を かける こと を , 決して 忘れ ない よう に 。 アンケート の 実施 を お願い する ( 9 回 目 の ゼミ ). サイ 子 ちゃん は , アンケート に 右 の 文章 を 追加 し まし た 。 . その後 , アドレス を 知っ て いる 先生 に , 添付 ファイル で 送っ て 協力 の お願い を し まし た 。 . その こと を 知っ た A 先生 , サイ 子 ちゃん に 言い まし た 。 . メール は , 協力 する 先生 に , 読む 手間 を おかけ する こと , 考え た ?. この 研究 は , 研究 目的 以外 で は , 決して 使用 いたし ませ ん 。 . ご 協力 , ありがとう ござい まし た 。 < ワンポイント ・ アドバイス > 心理 学 は , 「 人間 」 が 関わっ て い ます 。 だから , 社会 的 な マナー が とても 大切 に なり ます 。 どう し たら , 相手 の 負担 を 最小限 に できる か , いつも 真剣 に 考え , 文章 の その後 ( 社会 的 マナー ). その後 サイコ ちゃん は , アンケート を 持っ て 魔法 大学 の 先生 方 の 研究 室 を 訪ね まし た 。 . 配付 時間 を 含め , 15 分 で 必ず 終わり ます 。 授業 の 時間 を 使わ せ て 頂け ませ ん か ?. 魔法 小学校 の 附属 校長 先生 が 興味 を 持っ て 下さい まし た 。 . 教育 現場 に 役立つ 研究 だ ね 。 結果 は 必ず 報告 し て ください ね 。 . サイ 子 ちゃん は , 結果 の 報告 を 約束 し まし た 。 社会 的 な マナー を 尊重 する . 心理 学 は , 人 を 相手 に する 学問 です 。 社会 的 な マナー が とても 重要 に なり ます 。 . この こと を 常に 忘れ ない よう に し ましょ う 。 . メージ を 最大限 に 働かせ , よい 研究 に し ましょ う .< ワンポイント ・ アドバイス >. 相手 に 失礼 な こと , 答え たく ない こと , 思い出し たく ない こと を 尋ね て い ませ ん か ?. 自分 の ため に 時間 を 取っ て もらう こと は , 迷惑 を かける こと を 理解 し て い ます か ? ( メール で 依頼 する と , 多忙 な 先生 に , ご 自身 と は 関係 ない こと で 「 返事 を 書く 」 という 手間 を 取ら せ ます ね ) まとめ ( 参加 者 , 協力 者 を 尊重 する ) . アンケート は , 「 迷惑 な もの 」 だ と 考え て おく 。 イメージ を 働かせ , 周囲 に 手間 を 取らせ ない 配慮 を する 。 具体 的 に は , . 回答 し やすい もの に する 。 . 回答 時間 を 最短 に する 。 . 協力 者 の 立場 を 考える 。 . 協力 者 の 手間 を 取らせ ない 。 . 報告 等 , 社会 的 な マナー を 大切 に する 。 追記 ; 本格 的 な アンケー を 作る に は . 今回 は , サイ 子 ちゃん の 「 予備 調査 」 の 物語 でし た 。 . 心理 学者 の 本格 的 な アンケート は , さらに 右 の こと を 考え ます 。 . つまり , かなり の 時間 と 労力 を かけ て , アンケート を つくり ます 。 . 詳しい 方法 は , 心理 学科 で 学べ ます 。 ・ < 心理 学者 が 重視 する こと > ・ 項目 の 素材 は どこ から ? ・ 項目 の 回答 形式 は ? ・ 項目 毎 の 回答 の 分布 は ? ・ 尺度 得点 の 分布 は ? ・ 尺度 の 内的 整合 性 は ? ・ 尺度 の 信頼 性 は ? ・ 尺度 の 妥当 性 は ? 参考 文献 .「 心理 学 研究 法 入門 ; 調査 ・ 実験 から 実践 まで 」 南風原 朝 和 ・ 市川 信一 ・ 下山 晴彦 ( 編 ) 東京大学 出版 会 2 0 0 1 .「 発達 研究 の 技法 ; シリーズ ・ 心理 学 の 技法 」 田島 信 元 ・ 西野 泰広 ( 編 ) 福村 出版 2000 製作 者 青木 多 寿子 広島大学 教育 学 研究 科 "
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • オススメ展示

    • 見えない気持ちを炙り出す(IAT(潜在連合テスト)の仕組み)
    • 同調(集団の圧力)
    • なぜ加害者に厳しいのか?
    • アンケートの作り方(前編)(リサーチクエスチョンを明確にする)
123
拡大表示