• アンケートの作り方(前編)リサーチクェスチョンを明確にする
  • 前書き「アンケート」ということば、日常でよく聞きます。しかし、アンケートづくりは簡単ではありません。内容をしっかり練る必要があります。ここでは、サイ子ちゃんの格闘を通して、心理学者のアンケートづくりの一端をご紹介します。
  • アンケートのアイディアを練る(1回目のゼミ)サイ子ちゃんは,考えました。いじめを減らすためにも、学校で起こるトラブルを調べ,子ども達自身で解決できる方法を学校で教えたい。そうだ,学校で起こるトラブルには,どんなトラブルがあるのか,アンケートで調べてみよう!そこで,ゼミの時間に提案しました。A先生は言いました。
  • アンケートのアイディアを練る(1回目のゼミ)サイ子ちゃんは,考えました。いじめを減らすためにも、学校で起こるトラブルを調べ,子ども達自身で解決できる方法を学校で教えたい。そうだ,学校で起こるトラブルには,どんなトラブルがあるのか,アンケートで調べてみよう!そこで,ゼミの時間に提案しました。A先生は言いました。対象は誰?具体的には何を尋ねるの?
  • アンケート(Ver.1)を作ってみる(2回目のゼミ)サイ子ちゃんは,翌週のゼミで,右の原案を提示して言いました教育現場の先生達に,次のアンケートを行います。<アンケート>「先生方の担当しておられるクラスでは,どのようなトラブルが起こりますか?それを子ども達自身がどのように解決していますか?」
  • A先生のコメント;対象者を絞るA先生は,言いました。<ワンポイント・アドバイス>アンケートでは,対象者を誰にするかはとても重要です。実施可能な対象者を選びましょう。具体的な対象者が決まったら,その対象者をイメージして,アンケート内の質問項目を考えます。
  • A先生のコメント;対象者を絞るA先生は,言いました。教育現場の先生にどうやってお願いするの?お忙しい先生方が,協力して下さるかな?その方法では,子ども達の年齢層が偏るのでは?<ワンポイント・アドバイス>アンケートでは,対象者を誰にするかはとても重要です。実施可能な対象者を選びましょう。具体的な対象者が決まったら,その対象者をイメージして,アンケート内の質問項目を考えます。
  • アンケート(ver.2)の作成(3回目のゼミ)次のゼミで,サイ子ちゃんは,右の提案をしました。魔法学校の実習から帰ってきた教育実習生を対象に,右のアンケートを実施します。これなら,全学年のトラブルが集められます。<アンケート>「あなたが,教育実習で出あった子ども達のトラブルについてお尋ねします。①あなたは,何年生の担当でしたか?②あなたは,どんな子ども達のトラブルに出会いましたか?そして,子ども達はそれをどのように解決しましたか?」
  • A先生のコメント;曖昧さを極力省くA先生は,言いました。<ワンポイント解説>「よく起こるトラブル」とは,日常頻繁に起こるトラブルです。例えば,「お腹が空いたらご飯を食べよう」とは言わないように,当たり前すぎて,意識しにくい場合が多くあります。「印象に残るトラブル」とは,上記とは逆に,普通とは違った,特別な意味を持ったトラブルである可能性があります。つまり,頻繁に起こるわけではないため,かえって印象に残ることがあります。
  • A先生のコメント;曖昧さを極力省くA先生は,言いました。実習生を対象にするのはよいアイディアね。でも,「どんな」という表現は,答えにくいね。調べたいトラブルって,どんなもの?よく起こるトラブル,それとも印象に残るトラブル?<ワンポイント解説>「よく起こるトラブル」とは,日常頻繁に起こるトラブルです。例えば,「お腹が空いたらご飯を食べよう」とは言わないように,当たり前すぎて,意識しにくい場合が多くあります。「印象に残るトラブル」とは,上記とは逆に,普通とは違った,特別な意味を持ったトラブルである可能性があります。つまり,頻繁に起こるわけではないため,かえって印象に残ることがあります。
  • アンケート(ver.3)の作成(4回目のゼミ)サイ子ちゃんは、曖昧な点を明確にするため,2つに分けることにしました。右のアンケートを作り,下線部だけを変えたアンケートを2種類作り,ゼミで提案しました。<アンケート>教育実習で、子ども同士のトラブルをいろいろ経験されたと思います。それらの中で、印象に残ったラブルについて回答してください。(1)あなたは,何年生の担当でしたか (   )年(2)そのトラブルどんなものでしたか?そして,子ども達はそれをどのように解決しましたか?具体的に記述して下さい」
  • A先生のコメント;リサーチクエッションを明確にA先生は言いました。<ワンポイント・アドバイス>調査を行うとき,「調査の目的は何か?」を問うことは,とても重要です。「自分はこの研究で,何を明らかにしたいのか」というリサーチクェスチョンを,シンプルで明確にする明確にしなくてはなりません。
  • A先生のコメント;リサーチクエッションを明確にA先生は言いました。トラブルについて何を知りたいの?2つを分けるだけで,いいのかな?この問い方では,「解決できなかった場合」と,「結末を知らない場合」が区別できないね。目的を考え直してみて?<ワンポイント・アドバイス>調査を行うとき,「調査の目的は何か?」を問うことは,とても重要です。「自分はこの研究で,何を明らかにしたいのか」というリサーチクェスチョンを,シンプルで明確にする明確にしなくてはなりません。
  • リサーチクェスチョンの再考サイ子ちゃんは,リサーチクェスチョンを考え直してみました。トラブルの研究の目的としては,次のようなことが考えられます。トラブルを分類し,対策を講じる;トラブルを分類する問いが必要です。どの学年でトラブルが多いかを調べる;年齢がわかる問いが必要です。トラブルがいつ起こるのかを調べる;トラブルが生じる時間帯を問う問いが必要です。
  • アンケート(ver.4)の作成(5回目のゼミ)サイ子ちゃんは,子ども達のトラブル解決策を調べることにしました。ゼミで右の文章を追加して提案しました。子ども達自身のトラブル解決策を調べたいと思います。このトラブルの結末をご存じですか?(はい ・ いいえ)「はい」を選んだ方,その結末を具体的に記述して下さい。
  • まとめ(リサーチクェスチョンを明確にする)サイ子ちゃんはリサーチクェスチョンを「子ども達のトラブル解決策」に決めました。しかし,的確に回答してもらうには,問いをさらに練る必要があります。アンケート実施までの格闘は,まだまだ続きます。<後編に続く><ワンポイント・アドバイス> サイ子ちゃんの(Ver.1)に見られるように,問題意識が抽象的なままではアンケートとして不適切です。 得られた回答が,こちらの意図と異なる可能性が残るのです。 狙った意見を引き出すためには,①対象者を絞る,②曖昧さを排除する等の作業が必要です。 その際,リサーチクェスチョンを明確にしておくことが役に立ちます。
  • まとめアンケートの作成では,次のことを,繰り返し,繰り返し,問うことになります。・問題意識の具体化a)対象者は?b)実施方法は?c)何のために?・リサーチクェスチョンの明確化e)何を回答してもらいたいのか?f)そのために曖昧な部分はないか?
  • 参考文献「心理学研究法入門;調査・実験から実践まで」 南風原朝和・市川信一・下山晴彦(編) 東京大学出版会 2001「発達研究の技法;シリーズ・心理学の技法」 田島信元・西野泰広(編) 福村出版 2000
  • 製作者 青木多寿子広島大学教育学研究科(作成協力;博物館小委員会)