• おじいちゃん,おばあちゃんは,「幸せ」? 高齢期の心理的適応と発達
  • 想像してみてください みなさんは,どんなおじいちゃん,おばあちゃんになりたいですか? 元気に趣味活動! 孫とのんびり ボランティアで社会貢献! 元気で幸せな高齢者,憧れますね
  • では,実際はどうなのでしょう? みなさんの,「お年寄り」のイメージを教えてください。 元気でおしゃべり 物知り
  • では,実際はどうなのでしょう? 体が思うように動かない 物忘れ 頑固で怒りっぽい 良いイメージばかりではないかもしれません
  • 様々な「喪失」を経験する高齢者 高齢期には,体の機能が低下したり,大切な人を亡くしてしまったり・・・様々な「喪失」を体験します。では,高齢者は「不幸」なのでしょうか?
  • 心理学のさまざまな研究 高齢者は,体の機能は下がっても,心は「幸せ」だとする心理学の研究があります。 主観的幸福感(「どのぐらい自分は幸せだと思うか」)は,加齢に伴って低下しない。 高齢になるほど,男性では否定的な感情が減少し,女性では肯定的な感情が増加する。 超高齢期(85歳くらい以上)は身体機能の低下が著しいが,主観的幸福感は維持される。 どうして「幸せ」でいられるのでしょう?
  • まだまだ謎は多いですが,こんな説があります 「歳をとるに従って,心理的に適応する」これは,「人は歳をとるに従って,その状況や環境に合うように,行動や考え方を変えていくため,心の『幸せ』が保たれる」という考え方です。例えば・・・
  • 「人生の時間に限りがある」と認識したとき,人は「喜び」や「安心」といったポジティブな感情を高める行動を選択するようになる,と言われています。これを,「社会情動的選択性理論」といいます。 同じものを見ても注目するところが違ってきたり・・・
  • ポジティブなものを想起するようになったりする,と言われています。
  • そうは言っても・・・ 高齢になるとみんな自然に「幸せ」になるわけではないのでは?という疑問も,もちろんあります。 高齢期の「幸せ」には,個人の性格や人間関係など,様々な要因が関係していると言われています。 では,どんな高齢者が「幸せ」なのでしょうか?いろいろな研究がたくさんありますが,例えば・・・
  • 中高齢期になると,人は「次の世代を育てて,自分の知識や技術を譲り渡していきたい」という心が発達すると言われています。これを,「世代性(Generativity)の発達」といいます。「世代性」が発達している人の方が,より「幸せ」であると感じている,と言われています。例えば・・・
  • 生きてきた証を次の世代に継承しないと,いつまでも自分の死を受け入れられず,
  • 次の世代に譲っていく行動をとることで「人生の終わり」を受け入れられる,と言われています。
  • このように,次の世代へ譲り渡していく心と行動が,「幸せ」の鍵の一つ,と言われています。
  • さて、ではもう一度。 みなさんは,どんなおじいちゃん,おばあちゃんになりたいですか? 「歳をとる」ということを,ちょっと考えてみるのもたまにはいいかもしれません。
  • [まとめ]高齢期には体の機能が低下しても,主観的な幸福感は維持される,とされている。 その背景の一つに,加齢に伴い心理的適応過程が促進される,という「加齢効果」がある。 高齢期の主観的な幸福感に関係する要因の一つに,「世代性」の発達がある。
  • [参考文献]Carstensen, L. L. (2006). The influence of a sense of time on human development. Science, 312(5782), 1913-1915.Diener, E., & Suh, M. K. (1997). Subjective well-being and age: An international analysis. Annual Review of Gerontology and Geriatrics, 17, 238-265.権藤恭之・古名丈人・小林江里香・岩佐一・稲垣宏樹・増井幸恵・杉浦美穂・藺牟田洋美・本間 昭・鈴木隆雄 (2005). 超高齢期における身体的機能の低下と心理的適応―板橋区超高齢者訪問悉皆調査の結果から― 老年社会科学, 27, 327-338. McAdams, D. P., & Aubin, E. S. (1992). A theory of generativity and its assessment through self-report, mehavioral acts, and narrative themes in autobiography. Journal of Personality and Social Psychology, 62(6), 1003-1015.
  • [お薦め図書]権藤恭之(編集)(2008). 高齢者心理学 (朝倉心理学講座15) 東京:朝倉書店
  • [製作者]田渕恵 関西学院大学大学院文学研究科